ナニカ




誇れる自分を手に入れたかった。
一生懸命は大事だけど、真剣に向き合えば向き合うほど無駄な気がしていた感覚あれは否定するべきではなかった。なぜならば、私に問われていたのは適切な判断と対応、余裕がもてなかったし経験や慣れもない武器はなんだろ若さ?くらいしか価値はなかったかな。

ただ精一杯不器用でいた。一人一人に一々真剣や本気になることは無意味だとわかった。求められるのは、その場で皆と上手く連携して楽しませること。個人プレイばかりでよくなかったなあ、中途半端だった。

努力の方向性間違えてたんだろうな。
右往左往して荒れまくってた。

もうほっといて死なせてくれればよかったのにって気持ちと、助けてくれてありがとうって気持ちが入り混じったクソみたいな状態な今の私ですが、

とりあえず、もう人生クソゲーすぎって不幸や不平等に負けてひねくれて嘆いてるままじゃ、糞餓鬼のままじゃ周りも自分もだるいよねってわけで

ずっと執着していること、忘れたくても忘れられないことがある。意味があるのかどうか分からないけど、結局気持ちの整理は出来なかった。執着が残ったままになってしまったが、とにかく生きているから、立ち止まっているわけにはいかない。だから、過去とわりきってただ今手に入れたものを大切にしていこう。


いつか少しでも評価出来る、されるくらいに。


私と気づかれなくても今より良く思われれば報われるしね。


何者でもいい。幽霊から脱却したい。