ナニカ

誇れる自分を手に入れたかった。一生懸命は大事だけど、真剣に向き合えば向き合うほど無駄な気がしていた感覚あれは否定するべきではなかった。なぜならば、私に問われていたのは適切な判断と対応、余裕がもてなかったし経験や慣れもない武器はなんだろ若さ…

垂れ流す、毒か空気。

たくさんの言葉を並べたててから気がつくのは 私の言葉に 価値や 意味は ないということ。 わかりきっていたことだろ。そんな承認されるか されないか 、人に価値があるか ないか 、そういった他人からの価値観を考えた思考に呆れ果ててくる。 自分の作品を…

人と同じと括れる程、何を出来たっていうんだ

受動的に今を受け入れ続けててそれがしんどいのにその場所を人を選んでしまうストックホルム症候群みたいな状態は誰しもが抱えてるんだろう。 だとしても、僕なんぞと一緒にはするな?と1ミリでも思うなら嫌悪しても構わない場所にちゃんと行ったらいい。本…

自己嫌悪が他人へも投影されてるのか、否、事実か。

尽くした分を好意と錯覚するだけで、愛している自分が好きなだけでしょ?尽くす度に相手を特別に感じるんでしょ?私じゃなくてもよかったんでしょ? 何を埋めても与えても成り立たない関係性と無意味な会話。 正誤を分析し始めたら価値観の押し付けあいにし…

人間不信

‪幼い時は、僕が両親の離婚を阻止した事があり責任を感じて過ごした。責められたわけじゃない。 ただ自分が選択を誤ったせいで、泣いたり辛そうな母親を不幸にしたという罪悪感が生まれた。安定しない家庭で異常で日常な毎日。 教師に隠され友人に最後母親に…

20歳になった日に書いた言葉。

社会的に認められる年齢になれた。まず、良かった。親を必要とせず生きられること。今はそれだけで、幸せだと感無量になる。 親が居てくれる有り難みもわかる。でも、今は自分で生きられることが死ぬほど嬉しい。 時々、追われているような恐怖感が襲ってく…

SELECT

‪まあ、僕なんか長くながーくその時間から抜けずにぐっと耐えたんじゃなくてたった15年でまず1回音を上げた後収拾がつかないままふらふらと彷徨ってるちゃらんぽらんで。 立ち上がる度に簡単に倒され、足を引っ張られれば素直に引きずられてしまう。雑魚モン…

いかに女を口説けるかと就活って似てるって

恋愛も一種の宗教的な感じで 好きだと伝える際が面接であるかのように 企業もまた、ちゃんと惚れている 何故 どごが好きであるのかを伝えなくてはならない 当たり前と言えば当たり前だ 代わりがきくんだと言われる場所であるなら、代わりになれる能力があれ…

人間

人間なはずだこんな自分でも 貴方達と同じ生き物なはずだ 人間人間です

命なんて生産性がとれそうな間は使う消耗品みたいで

人間社会も動物と変わらず全てが弱肉強食である。食われたら弱さを呪えってかんじで被害も自殺や事実が公にされて救済には手遅れとかは当たり前くらいに日常の景色。事前に他人から守られる事はない。未成年ならまだ気づかれれば守られるような見殺されるよ…

対等とは、

対等であると思って接した瞬間から人は対等に扱ってもらえる。貴方を一概に決めつけ見下したり、粗末に扱う様な人間に媚びる時間があるなら、そんな人間に割く時間で別の人間に会いに行こう。目的があるな、耐えるとしても絶対に本当に自らが相手を心から慕…